SHFiguarts ブラックパンサー レビュー

こんばんは。

 

今月はいろんなことにお金がかかって大変です。

意外な出費が重なりなかなかに厳しいです。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119231235j:image

これとかね。

 

 

プロトマイティをもらいたくておもちゃ屋に行ったんですが、まさかの対象商品にガシャットがなかったのでマグナムを買いました。スナイプ好きなので。

 

あとはヴァンガードの新弾で僕の嫁のレイジングフォームが強化されたのでパック買ったりとこんな感じで思わぬ出費が重なっております。

 

 

 

そんな最中、今月唯一のプレバンからの商品が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119231439j:image

なんこれかっこよ。

 

 

というわけで早速レビューしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119231511j:image

f:id:jyannkuron:20161119231519j:image

f:id:jyannkuron:20161119231528j:image

パッケージ。

 

サイドにはチームアイアンマンの文字が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119231611j:image

中身。

 

付属品は少ないですが元々パンサーは武器などを持たないのでこんなものかなという印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119231706j:image

f:id:jyannkuron:20161119231714j:image

出した。

 

プロポーション良い感じです。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119231757j:image

他のフィギュアには珍しく体がザラザラしております。

 

これは僕の語彙力が皆無なので伝わらないかもしれないですが、網目のようなザラザラした感じです。

ここらで1ボケかましてやろうかとも思いましたがクソみたいなボケしか思いつかなかったのでやめます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119232016j:image

足の可動域はここまで。

他のフィギュアに比べて結構少ない気がします。

少しポーズがとりづらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119232121j:image

それでもこんな感じで片足でも立てるのでステージなどを使えば問題ないと思います。

 

 

 

 

 

 

さて、ここらで良い感じにした写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161119232215j:image

f:id:jyannkuron:20161119232226j:image

f:id:jyannkuron:20161119232243j:image

f:id:jyannkuron:20161119232251j:image

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

 

 

 

ブラックパンサーで遊んでみた感想としては「カッコイイ」です。

 

 

本当に。特に差し替えパーツなどは付属してないにもかかわらずここまで遊べるのは素晴らしいです。

ただ、爪も塗装されておけば尚よかったかなと思います。

 

 

頼むからアーツでバッキーを発売してほしいです。

チームアイアンマンが増えているので次あたりキャップ側が増えてもいいんではないでしょうか。

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

遊戯王 千年アイテムメタルマスコットで死んだ

こんばんは。

 

僕は最近ウォークマンを手に入れました。

そのため近くのTSUTAYAでいろんなCDを借りに行きました。

 

今回はその時に起こったお話です。

 

 

 

 

僕の家の近くのTSUTAYAには店を出てすぐガチャポンが置いてあるんです。

 

その中に僕の心を掴むものがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161104212246j:image

これです。

 

ただね、どうせ千年パズルもペラッペラのメタルチャームでしょ、と。

そう思ってその日は家に帰ったんですが、僕がいつも見ているyoutuberの方がこれを紹介していました。

 

 

そこには立体的な千年パズルが。

 

 

これは回すっきゃねぇ!!!

 

 

200円でこのクオリティか!すげぇ!とがっつり心を掴まれた僕は数日後回しに行きました。

 

 

 

〜決戦の日〜

 

 

久しぶりにガチャポンで心を掴まれた僕はワクワクしながらガチャを回しに行きました。

 

とりあえず手元に1400円分100円玉を持っていたので、全7種類でストレートに行けばこれで揃うなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この考えがあまかった。

 

 

 

 

 

そのyoutuberの方曰く千年パズルだけめっちゃ重いと。

 しかし出てくるカプセルはみんな軽い。

もう飛んでいくんじゃないかというくらい軽いカプセルもありました。

 

 

そして1400円が終了。

 

 

まさかここまで出ないとは。暗雲が立ち込めてきました。

正直千年パズルが出ればもういいや。と思っていましたが途中から「ここまで来たらコンプしたんぞ!」という気持ちに切り替わっていました。

 

 

 

手持ちで使えるのがあと1000円。

5回回せるが…

 

どうしようか迷っていた僕の脳内にアツイあの人が。

 

 

「今日から君はリボーン修造だ!!!」

 

 

 

前日僕はユニバに行っていました。

僕はユニバに行ったらハリドリに乗り、修造のBGMをかけるという拷問のようなノルマを自分に課しているのです。

 

その際に言われた言葉でした。

 

 

 

 

 

 

僕「俺はリボーン修造や!!!行ったろやんけ!!!!」 

 

 

 

というわけで5回回して来ました。

 

 

 

 

 

結果は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:jyannkuron:20161104213740j:image

f:id:jyannkuron:20161104213750j:image

f:id:jyannkuron:20161104213759j:image

f:id:jyannkuron:20161104213812j:image

f:id:jyannkuron:20161104213829j:image

f:id:jyannkuron:20161104213839j:image

f:id:jyannkuron:20161104213851j:image

f:id:jyannkuron:20161104213919j:image

f:id:jyannkuron:20161104213951j:image

f:id:jyannkuron:20161104213959j:image

f:id:jyannkuron:20161104214011j:image

 

 

 

 

 

またリベンジしてきます。

 

 

 

 

さよなら。

 

 

SHFiguarts トニースターク レビュー

こんばんは。

 

遂に発売されました。フィギュアーツからアイアンマンの中のおじさん、トニースターク。

尊敬する人は?と聞かれるとトニースタークか星野源山田孝之と答える様にしています。

 

 

そんなどうでもいい話は置いておいて、

さっそくレビューしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161029215819j:image

f:id:jyannkuron:20161029215834j:image

かっこいい。

 

今回もデジタル色彩技術を使っているため、お顔が似ています。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161029215927j:image

中身。

 

今回僕は初回版を買ったので特典としてステージが付属しています。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161029220052j:image

f:id:jyannkuron:20161029220110j:image

出した。

 

 

この時点でかなり似てますね。

このトニーさんはアイアンマン3をモデルにしている様なので四肢を付属の42のパーツに変更できます。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161029220444j:image

こんな感じです。

 

 

 

今回付属の42のパーツはダイキャスト製ではないので、とても軽いです。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161029220648j:image

そして、足裏にはいつもの穴があるので、既に発売されているフィギュアーツシリーズのアイアンマンに付属のエフェクトをつけることができます。

 

 

 

ただ唯一残念な点が既に発売されているフィギュアーツのアイアンマンシリーズの頭部とは互換性がないので、メットアウト状態にすることは出来ません。

非常に残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

特にギミックなどの説明はないので撮った写真をいつものいい感じにしていきます。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161029220930j:image

f:id:jyannkuron:20161029220947j:image

f:id:jyannkuron:20161029220956j:image

f:id:jyannkuron:20161029221009j:image

f:id:jyannkuron:20161029221050j:image

↑頭乗せただけ

f:id:jyannkuron:20161029221123j:image

f:id:jyannkuron:20161029221140j:image

f:id:jyannkuron:20161029221944j:image

f:id:jyannkuron:20161029221251j:image

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

今回はフィギュアーツからトニースタークを紹介しました。

現在プレミアムバンダイでアーツ版のホールオブアーマーが発売中です。

1つ2000円程度かと思ったら5000円もするのでバイト頑張らないといけません。ええ商売してんな。

なのでトニー邸を再現するならステージも必須となるので購入予定のある方はお早めに。

 

 

僕はがんばります。

来月はマーク3の発売とブラックパンサーが届く予定なのでその頃には記事を出す予定でございます。

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

リボルテック デッドプール レビュー

こんばんは。

 

今月は1つも記事を書いていませんでした。

このままではヤバイので発売から4日ほど経ちましたが、リボルテックデッドプールをレビューします。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027034134j:image

f:id:jyannkuron:20161027034151j:image

こちらです。

 

僕は基本アーツを集めてるんですが、このデップーはすごくいいと発売前から聞いていたので今回久しぶりにリボルテックを購入しました。

正直言うと個人的にあまりリボルテックは好きじゃなくて、というのもアイアンマンシリーズを集めてたんですけど結構個体差ありますし、塗装や可動範囲の問題で集めるのをやめてました。

自立しないのもありましたしね。

なのでアーツを触ったとき衝撃を受けました。こんなに精巧なフィギュアがあるのかと。

 

しかし、このデップーはすごかった。

あんだけマイナスイメージを持ってたリボルテックを素晴らしいとまで言わせました。

その様をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027034705j:image

中身はこうなってます。

 

いっぱい入ってますね。そして最初に素晴らしいと思ったのが

 

f:id:jyannkuron:20161027034832j:image

台座が付属してました。

 

正直フィギュアで遊ぶ上で台座は欠かせないのでこの配慮は素晴らしいなと思いました。

 また、エフェクトパーツと思われるパーツも付属してました。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027040422j:image

これね。

 

f:id:jyannkuron:20161027040601j:image

僕が下手なだけなのでうまい人が使えばそれらしく見えると思います。

 

一つ注意して欲しいのがこのパーツめちゃくちゃ鋭利なので舐めてると痛い目見ます。

指に刺さりました。

 

 

 

普段ならここから中身の説明なんですが、デップーのキャラクターを皆さんご存知でしょうか。

メタキャラクターと言われてますよね。

そんなデップーらしい特典もついてます。

 

 

 

 

 

 f:id:jyannkuron:20161027035111j:image

f:id:jyannkuron:20161027035139j:image

f:id:jyannkuron:20161027035153j:image

f:id:jyannkuron:20161027035215j:image

こんな感じで吹き出しもついています。

 

これで遊びの幅が広がりますね。ちなみに僕は指を切りました。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027035307j:image

出したよ。

 

すごくキュートですね。

今回のデップーは顔のパーツが2種あります。1つは今の写真のノーマル。もう一つは

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027035412j:image

このなんとも言えない顔です。口元が凹んでいます。

 

さらにこのデップーを購入した理由の一つでもあるギミックがこちら

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027035514j:image

f:id:jyannkuron:20161027035604j:image

f:id:jyannkuron:20161027035618j:image

f:id:jyannkuron:20161027035412j:image

目を変えることができます。

 

普段のフィギュアはある程度の表情が固定なのですがデップーらしく多彩な表現の変化が楽しめます。しかも

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027035749j:image

片目ずつ変えることも可能です。

 

 

ほんま…最高かよと言わんばかりです。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027035836j:image

f:id:jyannkuron:20161027035851j:image

f:id:jyannkuron:20161027035904j:image

f:id:jyannkuron:20161027035918j:image

f:id:jyannkuron:20161027040007j:image

 

武器も刀と銃の2種類ありこれまたたくさん遊べます。

 

刀を武器として使用する際は背中の鞘パーツから刀の柄の部分を引き抜くことで鞘から抜けた状態を再現できます。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20161027040218j:image

僕はキャプテンデッドプールとして遊びました。

映画でも若干キャップに憧れてるのかキャプテンって名前につけたがってたので盾をもたせて夢を叶えてあげました。

 

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

簡単ではありますがリボルテックデップーで遊んでみました。

フィギュア自体もすごく頑丈で遊び甲斐があるので実家に帰省する際は持って帰って遊ぼうと思います。

 

このフィギュアで僕の中のリボルテックのイメージがとても変わりました。

また、このブログでのリボルテックの評価はあくまで僕の体験談なのでリボルテック自体を批判しているわけではありません。

僕が変なのつかまされただけかもしれないので。

不快に思われたなら申し訳ありません。

 

 

今月というかほぼ来月ですが、アーツのトニースタークは購入するのでそちらは記事にしたいと思います。

 

 

 

それでは今日はこの辺で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CSMファイズギア レビュー 後編

こんにちは。

 

それでは後編です。

 

 

写真がアレなのは仕様ということにしておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925115407j:image

f:id:jyannkuron:20160925115417j:image

今回はこれに入っているショット&ポインターなどの武器のレビューになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925115455j:image

中身。

 

いやすごいね。

自分はDX版のショット&ポインターは持っていないのでなんとも言えませんがポインターのデカさに驚きました。

 

 

 

 

 

それではまずポインターの紹介です。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925115559j:image

f:id:jyannkuron:20160925115612j:image

f:id:jyannkuron:20160925115623j:image

f:id:jyannkuron:20160925115647j:image

f:id:jyannkuron:20160925115808j:image

全体はこんな感じです。

 

サイドバックルなどに装着する突起、ミッションメモリーを差し込む部分以外は全て塗装されています。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925120005j:image

ミッションメモリーを差し込むと

先の部分が少し飛び出します。

さらにスイッチを入れると「レディ」の音声も。

 

 

今回のショット&ポインターファイズドライバーとワイアレスで通信して連動します。

そのため、エクシードチャージをするとショット&ポインターも光ったり音がなったりします。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925120358j:image

ポインターの場合は必殺音+φのマークが投影されます。

 

 

CSMでは

f:id:jyannkuron:20160925120532j:image

f:id:jyannkuron:20160925120627j:image

付属しているレッグホルダーを足に取り付け劇中通りのキックもくり出すことができます。

 

ちなみにレッグホルダーもアタッチメントパーツが使用されているので調節可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925120825j:image

f:id:jyannkuron:20160925120837j:image

f:id:jyannkuron:20160925120854j:image

f:id:jyannkuron:20160925120904j:image

f:id:jyannkuron:20160925120917j:image

f:id:jyannkuron:20160925121040j:image

続いてショットです。

 

全体はこんな感じです。

こちらは単体でもカメラのシャッター音が鳴るなどしてカメラとして遊べます。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925121159j:image

ミッションメモリーを差し込むことで「レディ」の音声と共にロックが解除され、持ち手が現れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925121302j:image

そしてエクシードチャージをすると左上とミッションメモリー部分が発光します。

 

 

 

また、攻撃待機音が鳴るので持ち手部分のボタン

f:id:jyannkuron:20160925121245j:image

この大きい丸いボタンを押すことで必殺音が鳴り、前面が発光します。

 

 

 エクシードチャージ前でもこのボタンを押すと打撃音が鳴ったり光ったりします。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160926033342j:image

f:id:jyannkuron:20160926033354j:image

f:id:jyannkuron:20160926033401j:image

f:id:jyannkuron:20160926033413j:image

f:id:jyannkuron:20160926033422j:image

このようにケースも付いているのでファイズドライバーの左右のサイドバックルに取り付けることが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925121626j:image

最後にファイズフォンアタッチメントパーツです。

 

 

 

こちらは2パーツに分けることができるのでブラスターフォンモードに取り付けます。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925121734j:image

f:id:jyannkuron:20160925121804j:image

こんな感じ。

 

ここにポインターを取り付けて完成です。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925121856j:image

f:id:jyannkuron:20160925121904j:image

f:id:jyannkuron:20160925121915j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単ではありますがこんな感じで終わりにしたいと思います。

 

 

実際僕はあまり武器などを買ってこなかったのですがファイズに関してはこれとファイズアクセルで一式という認識があるので購入しましたが買ってよかったです。

こんなにカッコよくファイズになりきれるなら3万円という値段も安く感じてきます。(おかしい)

 

ただコンプリートセレクションのファイズギアはバカほど高騰したので今回のも高騰しそうではあります。

 

ここまできたらボックスも出して欲しいんですけどベルト部分の影響で出しづらいのかなーとも思います。

ファイズアクセルは既に購入してるので届き次第レビューしたいと思います。

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

CSMファイズギア レビュー 前編

こんばんは。

 

2016年9月24日、遂にあのアイテムが我が家に到着いたしました。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015448j:image

いや、届いた段階でかっこいいんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015510j:image

バアァァァァン!!

 

すごいのが来た。

 

 

 

 

中身は

 

 

 

 

 

 ファイズドライバー

f:id:jyannkuron:20160925015541j:image

 

f:id:jyannkuron:20160925015619j:image

 

 

ショット&ポインター(その他)

f:id:jyannkuron:20160925015701j:image

 

f:id:jyannkuron:20160925015717j:image

 

 

 

箱!!箱がかっこいい!

 

いやーすごいね。CSMシリーズは箱が凝ってるわ。

 

 

 

 

 

さっそく中身を開けてみます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015908j:image

おお!?

 

取説が劇中さながらのユーザーズガイドなのもポイント高いです。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015923j:image

おお〜

 

 

 

すごい。もうDXとは何から何まで違う。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020003j:image

いや見てみいやこれ。

 

本物やん。モノホンだわ。

 

 

 

 

 

とりあえず組み立てます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020057j:image

あい〜

 

 

本物やん!本物やんけ!

 

僕は呪文のようにずっとこの言葉を唱えていました。

やはりプレバンはすごいの出してくれるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は前編。

僕はファイズギアを購入したのですが、本日はファイズドライバーをレビューしたいと思います。

理由と致しましてはとんでもない写真量なので1つにまとめるとまあ長い。長くなっちゃうんで前後編に分けます。

 

 

 

 

まずファイズフォンです。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020711j:image

こちらです。

 

あとでDX版と比較しますが、サイズがすこし大きくなっています。

また、DX版と同様、電源を入れるとサイドのライトが光ります。

スイッチの場所も横から後ろに変更されています。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020746j:image

開くと一度この角度で止まります。

その後さらに倒すことで

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020820j:image

完全に倒れます。

 

 

 

また、開くときになんだかとても柔らかくスムーズなので扱っててとても気持ちいいです。 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020838j:image

画面も大きくて見やすいです。

 

今回のCSMではコード入力時に

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020913j:image

劇中さながらにその部分が光ります。

 

今までのDXにはないギミックで心底満足です。

 

 

 

 

 f:id:jyannkuron:20160925021237j:image

f:id:jyannkuron:20160925021257j:image

フォンブラスター状態にもしやすいです。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022805j:image

また、バカじゃないの?というくらい音声が追加されています。

乾巧役の半田健人さんがセリフをあててくれているのですが、ガッツリ声が低くなっているので当時のたっくんというより最近の映画で登場するたっくんって感じです。また、イントネーションも若干異なります。さらにいうと真理の理の字をミスってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021517j:image

次にドライバー本体を見てみましょう。

 

 

 

いやもうアレやん。本物やん

 

 

ごめんなさい。これしか言えない。

 

 

 

 

 

 

 f:id:jyannkuron:20160925021750j:image

裏側。

 

裏側まで塗装バッチリです。

コンプリートセレクションシリーズは持ってないのでわかりませんが今回のCSMではドライバーにも電池を使用します。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021901j:image

下の方にスイッチがあり、変身した際にドライバーの左右のライトが光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021941j:image

こうなって

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021957j:image

こうなります。

 

 

 

光るやん!!光ったでおま!

僕はそれしか言えませんでした。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021714j:image

ベルト部分は蛇腹のような造形になっています。

ようになっているだけなのでなってはいないです。

 

今回僕が残念だなと思ってしまったのは

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022143j:image

ベルト部分が蛇腹ではなく繋がっており裏側が塗装されていないところです。

 

 

帯部分の関係で蛇腹にはできなかったのでしょうか。

仮にファイズギアボックスが出ることを考えると収納するのにやや引っかかります。

 

それでもファイズドライバーが巻けるだけで価値があるのでこれくらいはよしとします。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021640j:image

それでもサイドバックルの造形、塗装は素晴らしく本物のそれです。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022519j:image

裏側はマジックテープが付いているので巻きつけるようにしてベルト部分に取り付けます。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022616j:image

ベルトはアタッチメントパーツで止めるタイプになります。

 

 

 

 

 ここからはDX版との比較になります。

まずはファイズフォンから。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023124j:image

全然違うなにこれ。

DX版を買ったのは今年1月なんですが、当時は「ファイズドライバーだ!」とテンション上がってたのにここまで違うと当時の僕を嘲笑ってしまいます。

 

 

 

  

 

f:id:jyannkuron:20160925023603j:image

裏側比較。

ネジ穴もなく完璧と言えます。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023635j:image

画面の大きさやボタンなど大きく変わっているところが多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023814j:image

f:id:jyannkuron:20160925023950j:image

ミッションメモリー比較。

 

別物よもう。おにぎりとサンドイッチ位違うわこれ。

 CSMはダイキャストが使われているので重量感があります。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023917j:image

ミッションメモリーの緑の部分はホロシールが貼ってあるのかは知りませんがキラキラ光っていて綺麗です。女の子に渡して求婚すればゴールイン(絶望の底へ)確実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925024146j:image

f:id:jyannkuron:20160925024158j:image

ドライバー部分比較。

 

 

これはもう…コーヒーと泥水くらい違いますね。

DX版を罵倒する気は全くありませんがここまで本物に近づけられるとDX版の立場がない気がします。

 

 

 

 

 

 

 

今回はここらで終わりたいと思います。

後半はできるだけすぐに記事にしたいと思います。

あと忘れてましたが

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925024607j:image

ウィドウ姉さんも届きました。

 

 

こちらも記事にする予定なのでよろしければご覧ください。

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィギュアを使って写真を撮りました。

こんばんは。

 

本日夏休み最終日です。

学校に行きたくない…行きたくないお…と心の中で繰り返しております。

 

 

そんな僕ですが、最近あまりフィギュアを買っていません。

 

なんというかすぐに欲しい!というものが出ないんですよね。個人的になんですが。そのため後回しにがちになってしまい、買った頃には「……今更レビューするのは…なんかな」ってなるわけです。

 

 

 

なのであまり写真を撮ってないんですが、アーツのアントマンを買ったということもあり久しぶりに撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160920183935j:image

ついでにダイソーで売っているアルティメットコンテナを試してみたいと思います。

完全に波に乗り遅れた感は否めませんがしょうがない。右のはべつの100均で間違って買ったものです。完全にやらかしました。

 

 

 

 

 

若干編集が入ってるのですがそこは見て見ぬ振りをしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160920184324j:image

f:id:jyannkuron:20160920184336j:image

f:id:jyannkuron:20160920184346j:image

f:id:jyannkuron:20160920184410j:image

f:id:jyannkuron:20160920184423j:image

 

 

 

 

一気に貼っても意外と少なかったですね。

そしてハルクバスターばっかりですな。

ただハルクバスターを収納(?)できる大きさなのはすごいです。

みなさんもアルティメットコンテナを是非試してみて下さい。

 

 

 

今月はプレバンからやばい荷物が届くので1週間以内に次の記事が出ると思います。

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

アントマンの写真がなかった