こんぴらさんに登ってきました。

おはようございます。

 

今回は香川県こんぴらさんに登ってきました。

 

 

 

こんぴらさんとは!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ググってください。

 

 

 

 

 

 

まぁ簡単に言うとすげぇ山の上にある神社です。

正式名称は金刀比羅宮だそうです。

 

山の上まで階段が続いてるんですが、その数は1368段もあるみたいです。

 

 

そんなことは全く知らない僕すっさすっさ登って行きました。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816112708j:image

登った。

 

 

結構急な角度の階段で、夏だというのに人も意外と多かったので大変でした。

ただ、ランニングで10km走る僕からしたらだいぶ甘いもんだなと思っていました。

すると弟からこんなことを言われました。

 

 

 

 

弟「ここまだ1/10やで」

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

めちゃくちゃキツイわけではないですが、暑さと角度で多少ダメージを受けていたのでその言葉がさらに追い討ちをかけるようにダメージを与えてきました。

やめてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816113105j:image

ところどころこんなのが見れるんですけど、なめてんのかと思ってしまいました。

階段1368段も登らせといて笑顔で幸せとか。

笑顔厨のユートでも驚きだと思います。

実際登っている僕の顔は苦悶の表情そのものでした。

 

 

 

 

こんぴらさんで…みんなに笑顔を……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816113417j:image

その後、お馬さんがいるところまで登ってきました。

パネルに乗っている白馬以外にもう1匹黒馬がいたんですけど2匹ともずっと下向いてごはん食べてたので「こっちむけや」と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816113550j:image

あとは象の像があったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816113615j:image

なぜかアフリカ象でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

f:id:jyannkuron:20160816113718j:image

なんやかんやあってようやく頂上まで辿り着きました。

 

父親曰くさらにこの上があるそうなんですけどもう勘弁してください。

 

疲れたというよりは暑いんです。

やばいですよ。汗が。

お願い事を「この滝のように流れる汗を止めてくれ」にしようかと思うくらい汗が出ます。

さすがに血迷いすぎだと直前で我にかえったので毎年のごとく彼女をお願いしときました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816113946j:image

そして少し歩くとおみくじを発見しました。

 

ここのおみくじが少し変わっていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816114022j:image

わんちゃんの背中におみくじが入っているというなんともキュートなおみくじでした。

 

ただ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816114057j:image

1番大きいわんちゃんの目がめちゃくちゃ怖かったです。

この眼力のせいか僕は中吉でした。

待ち人は来ずでした。踏んだり蹴ったりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160816114143j:image

その後うどんを食べてホテルに帰りました。

 

香川県といえばうどん!と意気込んだはいいものの苦手な生姜がめちゃくちゃ入っててテンションがおちました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この旅のカロリーを結構消費できたような気がするのでみなさんもこんぴらさん是非登ってみてください。

あとなめない方がいいです。

 

 

僕はもう二度と登りません。

 

 

 

 

 

さよなら。