読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CSMファイズギア レビュー 前編

こんばんは。

 

2016年9月24日、遂にあのアイテムが我が家に到着いたしました。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015448j:image

いや、届いた段階でかっこいいんだけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015510j:image

バアァァァァン!!

 

すごいのが来た。

 

 

 

 

中身は

 

 

 

 

 

 ファイズドライバー

f:id:jyannkuron:20160925015541j:image

 

f:id:jyannkuron:20160925015619j:image

 

 

ショット&ポインター(その他)

f:id:jyannkuron:20160925015701j:image

 

f:id:jyannkuron:20160925015717j:image

 

 

 

箱!!箱がかっこいい!

 

いやーすごいね。CSMシリーズは箱が凝ってるわ。

 

 

 

 

 

さっそく中身を開けてみます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015908j:image

おお!?

 

取説が劇中さながらのユーザーズガイドなのもポイント高いです。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925015923j:image

おお〜

 

 

 

すごい。もうDXとは何から何まで違う。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020003j:image

いや見てみいやこれ。

 

本物やん。モノホンだわ。

 

 

 

 

 

とりあえず組み立てます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020057j:image

あい〜

 

 

本物やん!本物やんけ!

 

僕は呪文のようにずっとこの言葉を唱えていました。

やはりプレバンはすごいの出してくれるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回は前編。

僕はファイズギアを購入したのですが、本日はファイズドライバーをレビューしたいと思います。

理由と致しましてはとんでもない写真量なので1つにまとめるとまあ長い。長くなっちゃうんで前後編に分けます。

 

 

 

 

まずファイズフォンです。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020711j:image

こちらです。

 

あとでDX版と比較しますが、サイズがすこし大きくなっています。

また、DX版と同様、電源を入れるとサイドのライトが光ります。

スイッチの場所も横から後ろに変更されています。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020746j:image

開くと一度この角度で止まります。

その後さらに倒すことで

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020820j:image

完全に倒れます。

 

 

 

また、開くときになんだかとても柔らかくスムーズなので扱っててとても気持ちいいです。 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020838j:image

画面も大きくて見やすいです。

 

今回のCSMではコード入力時に

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925020913j:image

劇中さながらにその部分が光ります。

 

今までのDXにはないギミックで心底満足です。

 

 

 

 

 f:id:jyannkuron:20160925021237j:image

f:id:jyannkuron:20160925021257j:image

フォンブラスター状態にもしやすいです。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022805j:image

また、バカじゃないの?というくらい音声が追加されています。

乾巧役の半田健人さんがセリフをあててくれているのですが、ガッツリ声が低くなっているので当時のたっくんというより最近の映画で登場するたっくんって感じです。また、イントネーションも若干異なります。さらにいうと真理の理の字をミスってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021517j:image

次にドライバー本体を見てみましょう。

 

 

 

いやもうアレやん。本物やん

 

 

ごめんなさい。これしか言えない。

 

 

 

 

 

 

 f:id:jyannkuron:20160925021750j:image

裏側。

 

裏側まで塗装バッチリです。

コンプリートセレクションシリーズは持ってないのでわかりませんが今回のCSMではドライバーにも電池を使用します。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021901j:image

下の方にスイッチがあり、変身した際にドライバーの左右のライトが光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021941j:image

こうなって

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021957j:image

こうなります。

 

 

 

光るやん!!光ったでおま!

僕はそれしか言えませんでした。

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021714j:image

ベルト部分は蛇腹のような造形になっています。

ようになっているだけなのでなってはいないです。

 

今回僕が残念だなと思ってしまったのは

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022143j:image

ベルト部分が蛇腹ではなく繋がっており裏側が塗装されていないところです。

 

 

帯部分の関係で蛇腹にはできなかったのでしょうか。

仮にファイズギアボックスが出ることを考えると収納するのにやや引っかかります。

 

それでもファイズドライバーが巻けるだけで価値があるのでこれくらいはよしとします。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925021640j:image

それでもサイドバックルの造形、塗装は素晴らしく本物のそれです。

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022519j:image

裏側はマジックテープが付いているので巻きつけるようにしてベルト部分に取り付けます。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925022616j:image

ベルトはアタッチメントパーツで止めるタイプになります。

 

 

 

 

 ここからはDX版との比較になります。

まずはファイズフォンから。

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023124j:image

全然違うなにこれ。

DX版を買ったのは今年1月なんですが、当時は「ファイズドライバーだ!」とテンション上がってたのにここまで違うと当時の僕を嘲笑ってしまいます。

 

 

 

  

 

f:id:jyannkuron:20160925023603j:image

裏側比較。

ネジ穴もなく完璧と言えます。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023635j:image

画面の大きさやボタンなど大きく変わっているところが多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023814j:image

f:id:jyannkuron:20160925023950j:image

ミッションメモリー比較。

 

別物よもう。おにぎりとサンドイッチ位違うわこれ。

 CSMはダイキャストが使われているので重量感があります。

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925023917j:image

ミッションメモリーの緑の部分はホロシールが貼ってあるのかは知りませんがキラキラ光っていて綺麗です。女の子に渡して求婚すればゴールイン(絶望の底へ)確実です。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925024146j:image

f:id:jyannkuron:20160925024158j:image

ドライバー部分比較。

 

 

これはもう…コーヒーと泥水くらい違いますね。

DX版を罵倒する気は全くありませんがここまで本物に近づけられるとDX版の立場がない気がします。

 

 

 

 

 

 

 

今回はここらで終わりたいと思います。

後半はできるだけすぐに記事にしたいと思います。

あと忘れてましたが

 

 

 

 

 

 

 

f:id:jyannkuron:20160925024607j:image

ウィドウ姉さんも届きました。

 

 

こちらも記事にする予定なのでよろしければご覧ください。

 

 

 

それではまた